初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

HTMLに触れてみる。

実際にHTMLを書いてみます。

HTMLを記載するにはDreamweaverTerapadやSakuraなどのテキストエディタソフトを使います。

①始めに新規ファイルをindex.htmlで任意の管理フォルダに保存します。

※名前を変える際には半角英数字のみ使えます。
これはどのサイトを書く時も作業する前、ファイル作成が必要です。

②最低限必要な骨格となるHTMLを書きます。

・タグという印を使って入力する。
・開始タグと終了タグは原則的にセットで入力する。
→上から順に適当に入力しない。
・終了タグは/(スラッシュ)を付ける。
・半角で入力する

<html>
<head>
</head>
<body>
</body>
</html>

③HTML文書にタイトルをつけます。

titleタグの間に付けたいタイトル名を入力します。

<html>
<head>
<title>初めてのHTML</title> </head> <body> </body> </html>

④自分で付けたタイトルをブラウザで確認します。

・タイトルバーに付けたタイトルが記述されます。

f:id:bellsmarket:20141227124338p:plain

 

⑤コンテンツを入力します。

<html>
<head>
<title>初めてのHTML</title> </head> <body>
はじめてのHTML
今日はじめてHTMLを書きました。 </body> </html>

⑥再度ブラウザで確認します。

・ブラウザでは改行されず、1行で表示されます。

f:id:bellsmarket:20141227124651p:plain

 

⑦コンテンツをHTMLタグで意味付けしていきます。

・h1=見出し
・P=本文(ほんもん)
<html>
<head>
<title>初めてのHTML</title> </head> <body>
<h1>はじめてのHTML</h1>
<p>今日はじめてHTMLを書きました。<p> </body> </html>

⑧完成したHTML文書ブラウザで確認します。

f:id:bellsmarket:20141227124342p:plain

<h1>が強調され、改行されました。

topへ戻る