初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

HTMLの役割と基本構造 1

ブラウザに情報を表示するためにはHTMLで記述する

一昨日のブログで書いた通り、ブラウザで何かを表現したい場合には
HTMLで記述する必要があります。逆にHTML以外では表示できないと言っても過言ではありません。
HTMLはHyperText Markup Languageの略でWebページを記述するためのマークアップ言語です。

下記にそれぞれの用語の意味を記述しておきます。

  • ハイパーテキスト:コンピュータを利用した文書システムの一つ。文書の任意の場所に、他の文書の位置情報(ハイパーリンク)を埋めこみ、複数の文書を相互に連結できる仕組みのこと。 噛み砕くとある文章の中にある言葉から、関係性があるページのその言葉にリンクしてあること。 それが「ハイパーテキスト」という概念です。
  • マークアップ:人間語が認識出来ない機械でも文書の構造が認識出来るように、文書の各要素に目印を与えて行く事です。

HTMLの説明がされているサイトを下記に記述します。

ごく簡単なHTMLの説明

 

HTMLの目的

  • HTMLはネットワークでつながった世界中の文書を関連づけ、それを有益な情報としてコンピュータで分析できるようにする役割を持っています。
  • コンピュータのプログラムが「リンク」をたどって世界の文書を収集し、その「構造」を分析・管理することを可能にします。

HTMLを記述する事は、世界中の見知らぬ誰かと繫がる事

  • 一個人が作ったサイトであっても、リンクをたどって、その情報の知りたい人の役に立つ事が出来る可能性があります。
  • ・それは、自分の価値を誰かが認めてくれるという事であり、その辿ってくる可能性がある誰かを意識することにより、初めて「表現」が成立します。
topへ戻る