初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

Javascript 変数 1

Javascriptを扱う上で大事な変数について記述します。

記述する順序が逆ですがif文より先に記述する内容です。

変数

【変数】は、数値や文字などを格納しておく【箱】のようなものです。

a = 2;

【a】という名前の変数に【2】という数値を入れました。

変数に値を入れる事を【代入】といいます。

値の入っている変数に,値を代入する事もできます。

a = 2;
a = 3;

【a】という名前の変数に【2】という数値を代入しました。
次に【a】の変数に新たに【3】という数値を代入しました。こうすると一番最初に代入した【2】という数値は消えます。 数値そのものを【数値リテラル】といいます。

 

変数の型

【数値】や【文字】といったデータの種類のことを、型といいます。
JavaScriptでは、変数に代入される値の型によって、変数の型が自動的に決まります。

a = 1;

【a】という変数に、【1】という整数を代入しました。

a = '1';

【a】という変数に、【1】という文字列を代入しました。

topへ戻る