初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

Javascript 演算子 1

演算子

データに処理を加える記号を演算子と呼びます。
一方の、演算子によって処理されるデータはオペランド演算子オペランドの組み合わせのように、値を生成する文をといいます。

f:id:bellsmarket:20150130221347j:plain

算術演算子

一番シンプルで馴染みがある演算子です。

演算子読み仮名働き使い方結果
+ プラス +(足す) a = 5 + 5  10
- マイナス -(引く) a = 5 - 5  0
* アスタリスク ×(かける) a = 5 * 5  25
/ スラッシュ ÷(割る) a = 5 / 5  1
% パーセント …(余り) a = 5 % 5  0

a = 5 / 0のとき、結果は Infinity(無限)、a = 5 % 0のとき、結果は NaN(非数)になります。

代入演算子

代入演算子はとは変数に対して任意の値を代入する為に利用される演算子です。
【=】は左辺を変数、右辺を値とみなします。 左オペランドに右オペランドの式の値を代入することを意味します。

a = a + 2;

上記の例題は【aがa+2と等しい】という意味ではありません。
aの値を2増やすことは、以下のように書くこともできます。

a += 2;

 

演算子働き使い方結果
+= 足して代入 a = 5; a += 5; 10
-= 引いて代入 a = 5; a -= 5; 0
*= かけて代入 a = 5; a *= 5; 25
/= 割って代入 a = 5; a /= 5; 1
%= 余りを代入 a = 5; a %= 5; 0

インクリメント演算子とデクリメント演算子

インクリメント(加算)演算子デクリメント(減算)演算子は、
変数の数値を1つ増やしたり、1つ減らしたりする場合に使います。

演算子名称働き使い方結果
++ インクリメント演算子 変数の値を
1増やす
a = 1; ++a;  2
-- デクリメント演算子 変数の値を
1減らす
a = 1; a--;  0

 

上記で様々な演算子を記述しました。

下記の3つの例題は応用とまではいきませんがそれぞれが持つ意味は全て同じになります。



a = a + 1;

a += 1;

a ++;

topへ戻る