初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

Illustrator 直方体の描き方

Illustratorで直方体・立方体の描き方を記述します。 作成する前に、パスやアンカーポイントのズレを防ぐ為、メニュー→『表示』→『スマートガイド』にチェックマークを付けておきましょう。 f:id:bellsmarket:20150210230711p:plain

直方体の描き方1(正面から見た場合)

  1. 長方形ツールで長方形を描く
    f:id:bellsmarket:20150210230659p:plain
  2. 描いた長方形をコピーする【 Ctrl + C 】。2回、前面へペーストする【Ctrl + F】
    f:id:bellsmarket:20150210230701p:plain
  3. 『ダイレクト選択ツール』を選択し、長方形の下側をクリックし、上へ移動する
    f:id:bellsmarket:20150210230703p:plain
  4. 『ダイレクト選択ツール』で長方形の左側をクリックし、右へ移動する
    f:id:bellsmarket:20150210230705p:plain
  5. 『ダイレクト選択ツール』で図のように選択し長方形の右側の辺を選択する
    f:id:bellsmarket:20150210230706p:plain
  6. 『ダイレクト選択ツール』でアンカーを選択して頂点を一致させると完成です
    f:id:bellsmarket:20150210230709p:plain

直方体の描き方1(斜めから見た場合)

  • 『長方形ツール』で長方形を描く


f:id:bellsmarket:20150210235005p:plain

  • 『ダイレクト選択ツール』で長方形の右側の辺を選択して下方へ移動する
    f:id:bellsmarket:20150210235007p:plain f:id:bellsmarket:20150210235009p:plain
  • 『直方体の描き方1』の2,と同じ方法で完成です。
    f:id:bellsmarket:20150210235011p:plain

2、で長方形に角度をつけたら、あとは『直方体の描き方1』と要領は同じです。

topへ戻る