初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

PHP ブラウザに出力する

先日触れてきたJavascriptjQueryと記述方法が異なります。
基礎から少しずつ記載していきます。
XAMPPを使った記述になります。

まずXAMPPのApacheを起動します
f:id:bellsmarket:20150310184129p:plain
f:id:bellsmarket:20150310184130p:plain
HTML、CSSJavascriptのファイルについては今まで
任意の場所に保存していましたがPHPは保存するディレクトリが
決めれられています。WEBサーバーで公開されるディレクトリを
ドキュメントルートと言います。
パスは下記になります。この階層以下にファイルないし、
フォルダを作成しファイルを管理します。

Windows:C:¥xampp¥htdocs
Mac OS X:/applications/XAMPP/xamppfiles/htdocs

次にテキストエディターにてファイルを作成し
先ほどのディレクトリに保存します。
拡張子は【 .php 】です。


PHPの基本記述方法

<?php
  ここにプログラム
?>

では実際にPHPを使ってブラウザに表示してみます。

<?php
  echo "Hello World!";
?>

実行結果
f:id:bellsmarket:20150310184131p:plain
【echo "";】でJavascriptの際のdocument.write();と同じで文字列を出力します。

ブラウザのURL欄に
さらにURLを見るとファイルがあるディレクトリのURLが表示されていません。
これが今まで触れた言語との違いです。

¥xampp¥htdogs = http://localhost/

ファイルを開かずURLを入力してもブラウザに
表示することができます。

topへ戻る