初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

PHP メールフォームを作ってみる 2

昨日はメールフォームの骨組みを作りました。

メールフォームではユーザーが入力した値をPHPで受け取ります。

作る際の注意点ですが

タグには入力した値の送信方法を指定するmethod属性があり、その方法は
GETメソッドとPOSTメソッドの二つになります。


二つの大きな違いですが、
GETメソッドは送信した値が遷移したURLに連結した形で送信されます。
もっと簡単に言うと送信した値が他の人にもわかってしまいます。

名前やメールアドレスくらいならまだしも
住所やクレジットカードの番号など他人に知られては
まずい情報などもこのGETメソッドを使ってしまうと漏れてしまいます。



一方POSTメソッドは送信した値は遷移したURLに連結しません。
GETメソッドより機密性は高いです。
典型的な使用例はYou tubeAmazonの検索欄です。
これはGETメソッドを使っています。
画像のようにアドレスに検索した内容が記述されているのがわかるかと思います。
f:id:bellsmarket:20150318185221p:plain


メールフォームは当然第三者に分からないようにPOSTメソッドを使って記述していきます。

<form action="check.php" method="POST">

また送信した値の行き先を決めるのがaction属性になります。


今回は入力するページ(index.php)と入力した内容を確認するページ(check.php)と
送信が完了したことを確認するページ(send.php)を記述していきます。

topへ戻る