初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

Flash 写真のフェードイン、フェードアウトの動画を作成する

タイトル通りFlashで動画を作ります。

今回はAction Script 2.0で作成します。
f:id:bellsmarket:20150411142225p:plain

どんな写真でも良いので複数画像をPhotoshopで作成します。
見本は600×400で作成しました。
Photoshop複数の画像を同じファイル内で別レイヤーにしておきます。
更にpsdファイルで保存します。
f:id:bellsmarket:20150411130953p:plain:w500


Flashを起動し、Action Script2.0を作成します。
ファイル→読み込み→ステージに読み込みを選択し、Photoshopで作成したpsdファイルを読み込みます。
f:id:bellsmarket:20150411142233p:plain
レイヤーとして読み込まれます。読み込んだレイヤーを一つずつムービークリップのシンボルに変更していきます。
修正→シンボルに変換→種類をムービークリップ選んでOKを選択。ライブラリに追加されます。
f:id:bellsmarket:20150411142252p:plain


全てのレイヤーを選択し、20フレーム毎にキーフレームを挿入します。(ショートカット:F6)

フレームを1に設定し選択ツールで画像全体を囲みます。f:id:bellsmarket:20150411142336p:plain
プロパティのカラー効果からアルファを選択し,0%を選択します。
同じくフレームを60に設定しアルファを0%にします。
こうすることで動画の最初と最後が消える設定になりました。

レイヤー全てを選択し、右クリックでメニューからクラシックトゥイーンを選択。

アクションレイヤーとボタン作成→挿入→新規シンボル
f:id:bellsmarket:20150411142308p:plain
f:id:bellsmarket:20150411142316p:plain
最初の動画をドラッグ&ドロップ→中央に整列する為にカット&ペーストします。
更にプロパティ→カラー効果→明度を0%にします。
f:id:bellsmarket:20150411142931p:plain


レイヤー2を作成してプレイボタンを多角形ツールで作成
→その際にオプションの辺の数を3に変更します。

できたらアップの他にオーバー・ダウン・ヒットにもキーフレームを挿入します。(F6)

シーン1に戻り先ほど作成したボタンをライブラリからステージにドラッグ&ドロップ

ドロップしたボタンを右クリックからアクションを選択します。
f:id:bellsmarket:20150411142322p:plain
ボタンを押した時に動作するようにスクリプトを記述します。
f:id:bellsmarket:20150411142328p:plain


動画を再生した時には停止しているようにする為、アクションレイヤーにもスクリプトを記述します。
f:id:bellsmarket:20150411142332p:plain

各レイヤーを再生したい位置に移動して完成です。
再生にはcommand+enterです。

topへ戻る