初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

PHP Xdomainでの設定の仕方

Xdomainにログイン後、『無料レンタルサーバー』の項目を選択。

 ↓

PHP&MYSQLサーバーの『管理パネルログイン』を選択。

 ↓

FTPの『FTPアカウント設定』を選択。FTP接続情報の画面に来ます。

 

Filezillaを起動する。新規ホストを選択する。XdomainのFTPアカウント設定の情報を

Filezillaのホストの設定の欄に記入していく。

Filezilla Xdomain側
ホストの設定名 任意(例:Xdomainのphpの方)
ホスト名 FTPホスト
ユーザー名 FTPユーザー(アカウント名)
パスワード FTPパスワード(アカウント名のパスワード)

入力し終えたらOKを押し、接続を選択。その後に出る表示とかは『はい』を選択します。

PHPファイル(フォルダにまとめておく)をアップロードしたら、データベースを作成。

Xdomainでのデータベース

データベースの『MySQL設定』の項目を選択。

 ↓

MAMPではphpMyAdminでデータベースの作成をしましたが、Xdomainは『MySQLの追加』でデータベース名を入力文字コードUTF-8にして『確認画面』を選択。

追加可能ユーザーの『追加』を選択。データベースが追加されます。

 ↓

次に『MySQLユーザー』設定を選択。phpMyAdminに入るための『データベースユーザー名』と『データベースパスワード』を決めて入力してください。『確認画面』を選択し『確定する』を選択。

MAMPphpMyAdminでログインする時の『ユーザー名』と『パスワード』がXdomainの『データベースユーザー名』と『データベースパスワード』にあたります。

 ↓

次に『phpMyAdmin』を選択。

ユーザー名 パスワード
データベースユーザー名 データベースパスワード

を入力して実行。phpMyAdminのページに来ます。

 ↓

左端に作成したデータベースがあるのでクリックします。

新しいテーブルを作成するの項目が出るので、テーブル名とフィールド数(MAMPではカラム数)を入力して実行。それぞれ入力し『保存』をクリック。

Xdomain フィールド 種別 長さ/値 照合順序 その他 主(鍵の図形)
MAMP 名前 データ型 長さ/値 照合順序 A_I インデックス(PRIMARY)

(※A_I = AUTO INCREMENTのことです。)

phpファイルのデータベースへの接続などは以下書き換えが必要です。

Xdomainの、データベース『MySQL設定』のページの情報を入力します。

MAMPの場合

define('DSN','mysql:host=localhost;dbname=任意の名前;charset=utf8'); //MySQLのホストとDBの名前の情報

define('DB_USER','root'); //MySQLのユーザー名

define('DB_PASSWORD','root'); //MySQLのパス

 ↓

Xdomainの場合

define('DSN','mysql:host=MySQLホスト名;dbname=MySQL一覧のデータベース名;charset=utf8'); //MySQLのホストとDBの名前の情報

define('DB_USER','データベースユーザー名'); //MySQLのユーザー名

define('DB_PASSWORD','データベースパスワード'); //MySQLのパス

ブラウザのアドレスバーに

ドメイン名/フォルダ名/ファイル名で公開できます。

(※上はアップロードしたフォルダの直下にファイルがある場合です。

フォルダの中にフォルダがあってファイルという場合はフォルダ名が2つ並びます。

例:hogeフォルダの中のhogehogeフォルダの中のfuga.htmlファイルという構成の場合

ドメイン名/hoge/hogehoge/fuga.htmlをアドレスバーに入力で公開できると思います。)

ドメイン名はサーバー管理パネル(PHPMySQLサーバー)『>ドメイン設定』で見れます。

topへ戻る