初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます

20150411143621

Terminal treeコマンド ツリー構造を表示する

treeコマンドを使うと下記のようにツリー構造を簡単に表示できます。

.
├── Templates
│   └── index.dwt
├── about
│   └── index.html
├── about.html
├── contact
│   └── index.html
├── css
│   └── style.css
├── img
│   ├── photo01.jpg
│   └── photo02.jpg
├── index.html
├── js
│   ├── jquery.min.js
│   └── script.js
└── menu.html

6 directories, 11 files

オプションは下記になります。

検索する

tree -P '*.html'

オプションを付けるとファイル名でフィルタリングして表示してくれます。
ファイル名の指定にはワイルドカードも使用できます。
Pは大文字にする必要があります。

検索結果は下記なります。

.
├── Templates
├── about
│   └── index.html
├── about.html
├── contact
│   └── index.html
├── css
├── img
├── index.html
├── js
└── menu.html

ディレクトリのみ表示

tree -d

ファイルは除外し、ディレクトリのみ表示してくれます。

検索結果は下記なります。

.
├── Templates
├── about
├── contact
├── css
├── img
└── js
tree -d > tree.txt

などで上記のようなツリー構造をテキストファイルに保存することもできます。

日本語の文字化けを防ぐ

tree -N

表示する階層を指定する

tree -L 2
topへ戻る