初心者のWEBデザイン

HTML,CSS、その他WEBデザインに関する事を記述していきます。

Javascript オブジェクト

Javascriptのオブジェクトとは、連想配列と機能的には同意義である。
その使用する場面や前後の文脈で呼び方を変えているだけ。

捉え方の違い
連想配列:各要素が一つ一つがメインである。
オブジェクト:そのものがメインであり各要素はオブジェクトを形成する特性や動作を表すための存在に過ぎない。


変数 基本型・参照型

基本型
  • 数値型
  • 文字列型
  • 審議型
  • シンボル型
  • 特殊型
参照型
  • 配列
  • オブジェクト
  • 関数
基本型

値渡し
const定数は値渡しの為、代入するとエラーが出る

var x = 1;
var y = x;
x = 2;
console.log(y)
//出力結果
//1

参照型

参照渡し
C言語でいうポインタアドレスを読み込んでる。
そのため、const宣言した定数も変更できる。
参照型の比較は参照先の値ではなく、アドレスを比較するので注意が必要。
値が同じでもアドレスが異なる為、falseが返される

var data1 = ['cat', 'dog', 'bird'];
var data2 = data1;
data1[1]  = 'lion'; //
console.log(data2)
//出力結果
['cat', 'lion', 'bird']; //要素の値が代入されているアドレスは変わらない